インプラントの種類

スクリューラインタイプ

インプラントの種類 スクリューライン

インプラントの直径が先端にいくほど細くなり、ネジのようなかたちをしています。
ブレードタイプに比べ埋め込む穴が小さくてすみ、噛む力も効率よく骨に伝えることができます。

シリンダータイプ

インプラントの種類 スクリュータイプ

円筒形で上部と下部が同じかたちをしています。
現在のインプラントの形状は、スクリュータイプとシリンダータイプが主流です。

スクリューシリンダータイプ
インプラントの種類 スクリューシリンダータイプ

外見はスクリュータイプに似ていますが、中は中空で側面にも複数の穴があります。
中が中空のためインプラントの周囲や中までも骨が取り囲むので、骨との接触面積が広く、噛む力を効率的に伝えることができます。

ルートフォーム
インプラントの種類 ルートフォーム

ルートフォームタイプインプラントは歯根型インプラントです。
インプラントの中でもポピュラーなタイプ。
スクリューあるいはシリンダー状のインプラントを、あごの骨に埋め込みます。

ブレードタイプ
インプラントの種類 ブレードタイプ

少し前まで多く使われていたタイプです。
現在、このタイプを使用しているクリニックは、まずありません。
板状で幅が狭く細いので比較的骨幅の狭い部分に用いることが可能です。
現在主流のスクリュータイプに比べインプラント本体の一部に力が集中しやすく、破損や骨吸収が起きやすいという欠点があります。

インプラントの種類TOPへ