インプラントと歯周病

インプラントと歯周病インプラントの周囲の歯ぐきや骨に起こる炎症を、インプラント周囲炎といいます。
これは、天然歯に起こる歯周病のようなものです。
この炎症によってインプラントじたいが損傷することはありませんが、進行すると、インプラントの周囲の骨が溶けだしてインプラントが抜け落ちることもあるので、注意が必要です。
そしてインプラントの構造上、天然歯と比べて進行が早いと言われております。
主な原因は二つあります。

ひとつは感染です。
これを予防するには毎日の歯磨きと、歯科医院での専門的なクリーニングが効果的です。
インプラント表面のチタンは非常に滑沢な面になっているので、金属製のスケーラーや粗い粒子でのポリッシング剤は傷つけてしまうので、禁忌です。

もう一つの原因は、噛み合わせの力や噛み癖です。
インプラントは垂直な力には強いのですが、食べ物をすりつぶすように噛んだり、歯ぎしりをするときのような横からかかる力には弱いところがあります。
噛み合わせが悪い状態でインプラントに過大な力がかかることで、周囲の骨に影響がおよび、それがインプラント周囲炎を引き起こすといわれています。
ナイトガードが有効です。
定期健診では、人工歯の摩耗状態や噛み癖もチェックしますので、必ず受診しましょう。

インプラントと歯周病TOPへ